ミュゼプラチナムに小学生が通うには?

小学生でも通いやすい脱毛サロンのひとつに、『ミュゼプラチナム』があります。

 

この「通いやすい」という言葉の意味としては、3つの意味があります。

 

まずもちろんですが、安全な脱毛であるということです。こちらの脱毛方法は、ジェルの上からライトを当て脱毛する「S.S.C.方式」という脱毛方法です。光脱毛の一種で、痛みが少なく、肌へのダメージが少ないのが特徴です。

 

またもう一つは、料金が安いということ。もちろん「子供もためだから料金なんて気にしないわ!」なんて方もいるかもれませんが、多くの保護者はどうしても料金のことは気になると思います。大切な子供のため・・・とは言え・・・ね(笑)

 

ミュゼプラチナムでは、毎月替わりのキャンペーンをやっています。これがとても安くて、数百円なんて価格のときもあります。(数十円の時もあります)

 

もちろんずっと数百円で通い続けることができるというものではありませんが、いくつかの部位を1回ずつの脱毛できることが多いです。

 

ミュゼプラチナムには体験メニューがないですから、このキャンペーンを体験代わりに利用するのが良いですね。

 

もちろん体験メニューが終わって通常メニューになっても、ミュゼプラチナムの料金は安いです。

 

「両わき+Vラインの通い放題コース100円」というもがミュゼプラチナムの看板メニューなのですが、小学生だとVラインの脱毛は必要ないかと。

 

なのでこのコースはさて置いて、ほとんどの小学生が選ぶであろうは部分脱毛ですよね。ミュゼプラチナムでは「フリーセレクト美容脱毛コース」と呼ばれます。

 

両ひじ上・両ひじ下・両ひざ上・両ひざ下・背中丈夫などのLパーツ、襟足・両ひざ・両手の甲指などのSパーツに分かれていて、好きな回数を選べるというコースになっています。

 

このコースだと、ミュゼプラチナムの公式アプリをインストールするだけで料金が半額になります!

 

もちろん無料のアプリですし、課金などもありません。ただ純粋に、インストールするだけ。もちろん保護者のスマホでもOKです。

 

ここから予約や予約確認、キャンセル情報を見ることなどもできるのですが・・・とにかくダウンロードするだけで半額になるので、するしかないですよね!笑

 

詳しくは無料カウンセリングの時に案内があるかと思いますが、とにかくミュゼプラチナムはリーズナブルな価格な脱毛サロンだということなのです(^_^)/

 

最後に、ミュゼプラチナムは通いやすいサロンであるということ。

 

引っ越しがあっても、47都道府県のほとんどに店舗があるので通い続けることができるのです。(全国に160店舗以上)

 

また予約を取る際に毎回店舗選択ができるので、スケジュールに合った場所の店舗に通うこともできます。学校の近くの店舗、家の近くの店舗、習い事の近くの店舗・・・など、都合の良い店舗で予約をとることもできますよ。

 

契約時の注意点

ミュゼプラチナムでは、年齢制限は特になく、生理が順調にきていれば脱毛をすることができます。

 

無料カウンセリングにはなるべく保護者が同席したほうが良いですが、無理ならば子供1人でもOKです。ただし契約の際には親権者の同意が必要になります。

 

公式ホームページに「親権者(法定代理人)同意書」があるので、それをプリントアウトして必要尾事項を保護者が記入&捺印をして提出しなければなりません。

 

契約の際にその同意書を提出できれば、担当のカウンセラーkら親権者に同意確認の電話が入ります。この電話に出る子tができなければ「同意した」とは認められないようなので、きちんと電話に出れるようにしておく必要があります。

 

家にプリンターがない場合は、見本の通りに紙に書いてもOKなようです。もちろんコンビニのプリンターでプリントアウトすることもできるので、そちらの方が抜けがなくて良いかもしれませんね。

 

ただ、ミュゼプラチナムは女性専用サロンなので親権者が男性の場合、親権者はサロンに立ち入ることはできません。その場合はカウンセリングの同伴ができないので、同意書の提出と確認電話の対応だけになりますね。

 

カウンセリングの内容をきちんと担当者から聞きたい場合は、一度コールセンターに話をしてみるのが良さそうですね。電話で説明をしてもらえたりして何らかの対応はしてくれるでしょうから。

 

⇒⇒ミュゼプラチナムの詳細はこちらから

 

 

 

店舗一覧

【北海道】旭川市(旭川店 ・旭川パワーズ店 )、札幌市(札幌パルコ店 ・札幌中央店 ・JR札幌駅前店 ・札幌琴似店・新札幌店・CAPO大谷地店 )、函館市(函館店 )
【青森県】八戸市(グラン八戸店)
【岩手県】盛岡市(盛岡MOSS店 ・盛岡南店 )
【秋田県】秋田市(グランイオンモール秋田店 )
【宮城県】仙台市(仙台一番町店 ・グラン仙台長町インター店・アリオ仙台泉店・グラン仙台駅前店)、黒川郡(富谷イオンモール店 )
【山形県】山形市(グラン山形ナナ・ビーンズ店 )
【福島県】福島市(JR福島駅店 )、白河市(白河店)、郡山市(郡山安積店 ・郡山ザ・モール店 )、会津若松市(会津若松店 )、いわき市(いわきラトブ店 )
【千葉県】市川市(アクティオーレ市川店・)、習志野市(ミーナ津田沼店)、柏市(モラージュ柏店・柏高島屋ステーションモール店)、船橋市(ビビット南船橋店)、松戸市(松戸店)、千葉市(千葉店 )、成田市(グランイオンタウン成田富里店)
【神奈川県】川崎市(新百合ヶ丘エルミロード店・溝口ノクティプラザ店)、横浜市(上大岡ミオカ店・横浜西口店・グラン横浜西口店 ・横浜ららぽーと店・横浜ファーストビル店・横浜モザイクモール港北店・たまプラーザ店)、相模原市(グランアリオ橋本店)、藤沢市(藤沢店 ・Luz湘南辻堂店)、小田原市(小田原EPO店)、海老名市(海老名ビナウォーク店)
【東京都】有楽町店・赤羽店・日暮里店・錦糸町店・錦糸町駅前店・上野広小路店・グランアキバ・トリム店・銀座並木通り店・池袋南口店・ 池袋西口店・ 池袋東口店・池袋サンシャイン通り店・高田馬場店・新宿東口アネックス店・新宿西口店・新宿南口店・ 新宿三丁目店 ・渋谷店・渋谷アネックス店・恵比寿店・目黒店・アトレ大森店・グランデュオ蒲田店・自由が丘南口店・吉祥寺店・吉祥寺駅前店・立川南口店・立川北口店・ 八王子東急スクエア店・ クロスガーデン多摩店・レミィ町田店・ 町田東急ツインズ店
【埼玉県】川口市(川口店)、さいたま市(大宮駅前店・グラン大宮店・大宮ステラタウン店・浦和店)、上尾市(丸広百貨店上尾店)、富士見市(ららぽーと富士見店)、川越市(川越店)、所沢市(所沢店)、熊谷市(熊谷アズイースト店)、春日部市(イトーヨーカドー春日部店)
【茨城県】つくば市(イオンモールつくば店・つくばイーアス店)、水戸市(水戸エクセル店)
【栃木県】宇都宮市(宇都宮インターパークスタジアム店 ・うつのみや表参道スクエア店 ・宇都宮駅前店 )
【群馬県】太田市(太田イオンモール店)、伊勢崎市(伊勢崎スマーク店 )、高崎市(高崎モントレー店 )、前橋市(ガーデン前橋店 )
【新潟県】新潟市(新潟万代シティ店 ・新潟上近江店)
【富山県】富山市(富山CiC店 )
【石川県】金沢市(香林坊東急スクエア店)
【岐阜県】岐阜市(グランアピタ岐阜店 )、本巣市(モレラ岐阜店 )
【山梨県】中央市(イオンタウン山梨中央店 )
【長野県】長野市(MIDORI長野店 )、松本市(松本パルコ店 )
【静岡県】静岡市(セントラルスクエア静岡店・新静岡駅前店 )、浜松市(浜松アクトタワー店・イオン浜松西店)
【三重県】・鈴鹿市(イオンモール鈴鹿店 )
【福井県】アピタ福井大和田店
【愛知県】名古屋市(名鉄百貨店本店・名古屋パルコ店・グラン栄店・金山店・mozo ワンダーシティ店・近鉄パッセ店・イオンタウン熱田千年店・アピタ名古屋北店)、一宮市(名鉄百貨店一宮店 )、安城市(イトーヨーカドー安城店 )
【滋賀県】大津市(フォレオ大津一里山店)
【京都府】京都マルイ店 ・MOMOテラス店 ・京都四条通り店
【大阪府】京橋駅前店・グランNU茶屋町店・ 大阪駅前第4ビル店・グラン西梅田店・グラン心斎橋OPAきれい館店・なんばCITY店・なんばパークスタワー店・近鉄難波駅前店・グラン天王寺アポロビル店・あべのルシアス店・ あべのキューズモール店・アリオ鳳店・biNU茶屋町店
【奈良県】奈良市(近鉄ならら店)
【兵庫県】神戸市(グラン三宮店・神戸元町店・神戸ハーバーランドumie店 )、姫路市(姫路店 )、明石市(アスピア明石店)
【和歌山県】イオンモール和歌山店
【岡山県】倉敷市(アリオ倉敷店)、岡山市(岡山駅前店)
【島根県】出雲ゆめタウン店
【鳥取県】鳥取トリニティモール店
【広島県】広島市(広島アルパーク店・グラン広島アッセ店)、東広島市(東広島ゆめタウン店 )
【香川県】高松市(高松ゆめタウン店 )、丸亀市(丸亀ゆめタウン店 )
【徳島県】徳島アミコ店
【高知県】高知イオンモール店
【福岡県】福岡市(イオンモール香椎浜店・JR博多駅前店 ・グラン天神西通り店・西新テングッドシティ店)、直方市(グラン直方店 )、筑紫野市(筑紫野ゆめタウン店 )、北九州市(リバーウォーク北九州店 )
【佐賀県】モラージュ佐賀店
【長崎県】みらい長崎ココウォーク店
【大分県】大分パークプレイス店
【熊本県】熊本アウネ店 ・光の森ゆめタウン店
【宮崎県】宮崎宮交シティ店
【鹿児島県】グラン鹿児島店
【沖縄県】那覇新都心店